Category Archives: 未分類

Home / Archive by category "未分類"

今年から新しく出来た「医療費控除」とは?

今年から新しく創設された医療費控除「スイッチOTC薬控除」

~個人が行う健康の維持増進及び疾病の予防への取組推進の為の減税措置

 CFPⓇ小澤昭彦

 「適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品の購入の対価を支払った場合において、その年中に支払ったその対価の額(保険金、損害賠償金その他これらに類するものにより補填される部分の金額を除く。)の合計額が1万2千円を超えるときは、その超える部分の金額(その金額が8万8千円を超える場合には、8万8千円)について、その年分の総所得金額等から控除する」という新しい「医療費控除枠」が新設されました。(国税租税特別措置…住民税も同じ控除額で適用されます。)

この租税特別措置が決定したのは、平成28年度の税制改正ですが、実際は今年の1月1日からスタートになります。

≪対象者の条件≫

<健康維持のための一定の取り組み>

対象となる条件として健康維持のための予防措置で本文称されている「一定の取り組み」である検診等又は予防接種(医師の関与があるものに限る。)を受ける必要があります。

今まで健康保険の対象とならない「インフルエンザの予防接種」等は高いところでは、4千円/人もします。そのため実際にインフルエンザに掛かって健康保険のきく治療(タミフル等の投薬治療)を受けても4千円以内で済むことなどから、予防接種を受ける障害になっていました。仮に家族全員で5万2千円の対象となる医薬品を購入した場合、所得の多い方(所得税率10%、住民税率は一律10%、復興特別税負担を除く)で4万円の20%の8千円の税還付があるので、インフルエンザの予防接種の負担額をカバーできます。

※この取り組みは確定申告する本人だけが受けていれば、家族全体の医薬品購入費が対象となります。

※検診や予防接種そのもの費用は対象とはなりません。あくまでスイッチOTC薬控除の対象者となるための条件です。

≪対象となる医薬品≫

医療用医薬品から転換された市販薬の購入です。

平成29年の申告に備えるには、領収書を貯めておく必要があります。(実際の確定申告は平成30年になります)

これまでの医療費控除は、病気やケガをして1年間に使った家族みんなの医療費が10万円(総所得金額200万円未満の人は、総所得金額の5%)を超えた場合に、確定申告すると税金が戻る控除です。

しかし、健康保険には高額療養費があるので、医療費が10万円を超えるということは滅多になく医療費控除の対象となるのは、「子どもが生まれた」「健康保険の効かない歯の治療をした」など健康保険が使えない場合や、「難病やがんなどの治療で継続的に医療機関を使用した」など特別な事情のある人がほとんどです。

今 回、新たに導入されることになった「スイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)」は、1年間に街の薬局で購入した市販薬が1万2000円を超えると、所得から控除ができ利用できる金額のハードルが下がったため、「病院にはあまり行かず、市販薬を使うことが多い」という人も申告できる可能性が出てきます。

1年間に、自分や家族(生計を一にするもの)が購入したスイッチOTC医薬品の合計が1万2000円を超えた金額で、最高8万8000円までが対象です。

たとえば、1年間に購入した医薬品の金額が5万円だった場合は、3万8000円を、その年の所得から控除できることになります。

ただし従来の医療費控除との併用はできないのと確定申告が必要です。

申告には領収書が必要なので、控除に備えて、今から薬局で購入した市販薬の領収書は、封筒やファイルなどに保存しておきましょう。

 

私は息子の扶養家族になれるの?

 ★私は、引き続き、息子の扶養家族になれるのでしょうか?

 

 67歳女性の相談者

 ・本人の老齢厚生年金 90万円

 ・遺族年金      70万円

   ・・・友人からの誘いで月5万円程度の収入(年間60万円)が得られそう。

   ・・・まだ元気だしと働き始めた相談者、息子さんから「働いたら扶養家族から外れるのと違うかな?」

    ●●●不安になり相談 

老後を考える

 

 ??? 遺族年金は非課税だから加えなくていいよね!!

 ☆素朴な疑問

老齢厚生年金(90万円)+新しい収入(60万円)

=150万円<180万円(60歳以上)???

 ☆正解は?

老齢厚生年金だけではなく、遺族年金も障害年金も(税法上は非課税…)収入に加算しなければ

 イケナイんだって

↓ ☆★収入と所得は違う☆★

老齢厚生年金(90万円)+新しい収入(60万円)+遺族年金(70万円)

220万円>180万円

 

  扶養家族の種類:健康保険と所得税

 

 ◎健康保険の認定条件から 

健康保険の被扶養者の条件からみると60歳以上の母親の場合は収入が180万円未満現在160万円なので  範囲内ですが、今後60万円が続くとなると合計220万円の収入となりご自分で国民健康保険に加入し保険料 を負担しなければなりません。

   ⇒ 勤労収入以外にも個人年金も当然全額計算に入れなければなりません。

 

 ◎所得税の扶養控除対象 

①老齢厚生年金収入(90万円 - 120万円) = 0

②遺族年金(非課税)  = 0

③パート収入   (60万円 - 103万円) = 0

※参考:④個人年金があれば… 年金年額(収入)-支払った保険料(必要経費)=雑所得

  ☆所得額(収入から控除・経費等引いた額)=(①+②+③+④※)-所得控除額

が38万円未満の場合、息子さんの所得税の扶養控除38万円が可能となります。

 

 相談者は健康保険の扶養家族から外れ、所得税は扶養家族になれるということになります。

収入と所得少し複雑ですね???

 

筆者:高崎

「私のエンディングノート」の作り方

“争続”から“笑顔相続”へ
紛争になる“争続”の約 8 割は相続税と殆ど関係のない 5000 万円以下の遺産分割で揉めています。 相続を“笑顔相続”にするためには、大切な家族への思いを明確にするエンディングノートの作成が有効です。 本セミナーではエンディングノート(笑顔相続ノート)の実践的な作り方をワークを交えて学びます。

★こんな方にオススメ★
・エンディングノートを作ることに関心のある方
・大切な家族に自分の思いを伝えたい方
・これからの人生を生きる目的を見出したい方

●入門編の内容
・相続の現状と基礎知識を学びます。
・エンディングノート(笑顔相続ノート)作成のメリット、目的を学びます。

●実践編の内容 (下記特典付き)
・ワークを交えてエンディングノートを実際に作ります。
・練習帳の書き込みから本編ノートへとスムーズに作成していきます。
特典1 笑顔相続ノート (定価 1000 円) を無料進呈。
特典2 相続診断サービス(定価 3000 円) を無料で提供いたします。
(相続の危険度が測定できます)

●主催
ライフプラン創研 会場:梅田オフィス セミナールーム
〒530-0012 大阪市北区芝田 2-3-19 東洋ビル本館2F 206 号 FP ファクトリー内(ウインズ梅田の西向側ビル)

●当日の連絡先
090-1963-8496

●講師
ライフプラン創研 代表 芝 正則
(相続診断士・CFPファイナンシャルプランナー・1 級FP技能士)

●定員
8名 (人気講座のため、早めのお申込みをお勧めします)

●申込
こちらの申込書にご記入の上、FAX又はメールでお申込み下さい。(申込締切:開催日の前々日 20 時)

●事務局
FAX: 0725-45-0923
E-mail:fpcms@mvd.biglobe.ne.jp

●日程
○入門編
6/17(金)、6/23(木)、7/8(金)、7/28(金) 18:30~19:30 (同一内容、ご都合によりお選び下さい)
○実践編
6/25(土)、7/23(土) 13:30~16:00
(同一内容、ご都合によりお選び下さい。入門編受講済後に受講可能)
○入門編+実践編 半日
7/2(土)、 8/6(土) 13:30~17:15 (同一内容、ご都合によりお選び下さい)

●受講料
入門編 1000 円
実践編 4000 円
入門編+実践編(一括) 4500円(定価より10%引)
※当日会場にてお支払い下さい。

▼チラシ、申し込みFAX送信フォーム

笑顔相続セミナー2016

NIE.E式!日経が読める・活かせる経済講座(全5回)

■講座の特長 ・・・受講後の“3つの身に付く”
①教材は、その日の日経新聞。新聞全体や記事の構成を知ることで、時短な読み方が身に付く
②一面、総合面、企業面など各頁の特長を知って、ビジネスに活きる情報の取り方・活かし方が身に付く
③商品欄や景気指標など、データを読みこなせて先読みできる情報感度が身に付く

■カリキュラム(全5回) 気になる講座だけの参加も大歓迎!
Vol.1 日経新聞の話。新聞の構成をふまえた時短な読み方。1面の活かし方
Vol.2 総合・経済・国際面でマクロ経済を読む・掴む。すぐ読む?後でよむ?
Vol.3 企業面、投資財務圏で企業情報を読み、企業戦略を掴む!
Vol.4 明治9年、日経は商品欄から始まった!?商品欄で企業の台所戦略を読む
Vol.5 景気指標欄を活かす。川上⇒川中⇒川下とヒトモノカネの桶屋を知る
※全5回でビジネスやキャリアアップに役立つ読み方・活かし方が身に付きます!

■こんなあなたにおすすめ
・日経新聞をちゃんと読みたい!
・新聞の読み方ってあるの?習ってみたい
・見出しだけしか見ていないけれどいいのかな?
・経済と世間の動きがさっぱりわからず、上司やクライアントと会話ができない
・お天気以外のネタでクライアントとコミュニケーションしたい
・就職活動に必要な、自己分析、業界研究、企業研究に困っている
・数字に強くなりたい、世の中の動きに敏感でいたい
・新聞のマーケット情報や指標を運用や投資に活かしたい
・挫折ばかり。今度こそ、日経新聞を継続してよみたい
※一つでも思いあたれば、“即“ご参加ください。当講座に参加くださったアナタだけのワクワクが待っています!

■参加費
●東京校:10,000円/日 ※スムーズな受付のため事前に振込下さい。
連絡済みキャンセルの場合はご返金します。
●大阪校: 3,000円/各回 ※お振込先はお申込の際にご連絡いたします。
※大阪校は当日払いも可。

■東京校  (定員20名)
東京メトロ東西線「木場」駅 3番出口 徒歩2分
東京日英学院 3階 早稲田アカデミー看板が目印
〒135-0042 東京都江東区木場 2-19-2
※③出口を右へ 80m、右折して右手すぐ

■大阪校 (定員6名)
JR大阪駅・地下鉄・阪急「梅田」駅 徒歩5分
東洋ビル本館206 「ファクトリールーム」
〒530-0012 大阪市北区芝田 2-3-19
東洋ビル本館 206 FPファクトリー

詳細 → NIEE201603

■お申し込み

第2回勉強会・3月8日
第3回勉強会・3月15日
第4回勉強会・3月22日
第5回勉強会・3月29日