Monthly Archives: 8月 2016

Home / 2016 / 8月

CFP試験の合格請負人にお任せあれ

2016年11月試験に向けた CFP講座 が始まりました!ファイナンシャルプランナーの最高資格CFPに、チャレンジしてみませんか?

生講義が少ない中で、FP酒井が絶対の自信をもって本気でお届けする講座です。時間をかけて学習に取り組む方にも、短期決戦の方にも、効率的で効果的な学習が必要なんですよね。

本講座では、たった一日の集中講座で効率よく学びます。ムダは一切なし!しかも「わかる!できる!」こと間違いなしです。

セミナーチラシ

CFP不動産申し込みCFPライフ申し込み

CFPリスク申し込みCFPタックス申し込みCFP相続申し込み

FPファクトリーの日~生活設計・資産運用セミナー~

今年も開催します!毎年秋に開催しているFPファクトリーのイベント「FPファクトリーの日」です。
ファクトリーのメンバーが、

  • いま気になること
  • お伝えしておきたいこと

をお伝えするセミナーです。当日は3部構成で

  1. 無料相談会
  2. セミナー(3本立て)
  3. 懇親会

を開催します。どうぞ、お楽しみに!

■■■

FP ファクトリーの日 2016

 ライフ with ラン倶楽部会員(FP ファクトリーの会員制度)向け無料相談会
・ 会場:FP ファクトリー事務所
・ 相談担当者:FP ファクトリーメンバーの個別相談:お一人様 40 分…先着順・要予約

生活設計・資産運用セミナー(先着 30 名さま・テーマごとの参加も自由です)
~どうするニッポン、どうなるニッポン~

■はじめに 代表:小澤昭彦

■セミナー・討論会 司会:柳川郁弥
【A】13:10~14:10
実録!〇〇家の年金/酒井和彦
【B】14:30~15:30
徹底討論会 & 皆さまからの質問に答えます/ファシリテータ:大石泉
ファクトリーメンバー総動員でお答えします。)
【C】15:40~16:30
沈みゆくニッポンの社会保障を考える/杉井克彦

■参加費
(会員)1,000 円(一般)2,000 円
※当日会場にてお支払いください。
※【A】【B】【C】のご希望の講座に、自由に参加できます。

交流会
17 時より、会場付近で参加者の皆様との交流会を開催します。
(参加費 3,000 円)

mousikomi01-005

平成28年10月1日から変わります!

平成28年10月1日から短時間労働者の厚生年金保険・健康保険の適用拡大

  • A子さん(35歳)の相談

時給:900円

9:00~16:00(6時間労働 × 週4日 = 週24時間

月約 92,000円 (年収 約110万円)で勤務中。

国民年金(夫の扶養家族として第3号)

会社から「10月からこのまま24時間で働くのかそれとも短く20時間以下で働くのか考えておくように言われました。どのように変わるのか得か損か」会社側も本人の希望を聞き時間調整・配置転換・経費増など必死です。

≪社会保険に強制加入:該当する方≫

 1.501人以上の会社に働くこと。

    2. 20時間以上働くこと。

 3.給料が月88000円以上であること。

 4.1年以上働く予定であること。

以上すべてに当てはまる方です。

  A子さんが10月以降厚生年金・健康保険に加入した場合

●社会保険料(大阪) 手取りの減少

・健康保険料 4,400円 (40歳以上の方は介護保険料700円必要)

・厚生年金保険料 8,000円

・雇用保険料 370円

・手取り 79,230円

≪社会保険加入のメリット≫

●傷病手当金

病気や怪我で4日以上休んだ場合賃金の2 /  3が1つの病気に対して1年6か月まで健康保険から支給されます。

●出産手当金

出産のため産前産後(98日間)休業した場合賃金の2/ 3が健康保険から支給されます。

●厚生年金

老後収入として老齢厚生年金が老齢基礎年金の上乗せとして支給される。病気や怪我で後遺症が残った場合、国民年金の場合は2級以上だが厚生年金は3級もあり月額約49,000円の最低保障がある。

相談者はサラリーマンの妻であるが、自営業者の妻・夫リタイア後の妻また年金受給者の夫自身の場合など現在支払いの保険料より低くなる場合もある(会社が半額負担する)会社側の提案を受け入れる方が得なようである。

少子高齢化により公的年金の財源不足は公然の事実であり、自助努力が益々必要となると目先の損得ばかり考えていられないようです。

高崎みどり

 

 

知っておきたい!【自転車保険】

自転車保険ってご存知ですか?

平成28年4月1日に制定され、自転車に乗る人全員に対して、事故の損害を賠償する保険への加入が義務づけられました。

 

地域によって時期はバラバラですが、たとえば大阪府では2016年7月
1日から条例の適用が始まりました。

・府内で自転車を使う場合は府民かどうかの関係なく、加入は義務である。

・子供であっても、大人が加入させる義務がある。

など、とても厳しくなりました。

 

自転車保険のポイントは2つです。

 

➀自分のケガの補償(交通事故傷害保険)

②相手への賠償(個人賠償責任保険)

ここで、とくに注意しておきたいことはです。

もし、あなたが歩行中の高齢者と衝突し、その方が転んで頭を強打しました。その後、後遺症になりました。

全国トップクラスの事故発生率を誇る大阪府の過去の判例では1億円の賠償金の支払いを命じられた例があります。

大阪府では2015年、50件、月にすると約4件、一週間で約1件の自転車事故がありました。

あなたにも、いつ襲いかかるかわかりません。

 

人生を棒に振るようなことにならないために

自分や大切な家族のリスク管理は必ずチェックしておきましょう。

 

なお、すでに個人賠償責任保険に加入していれば、新たに自転車保険に加入する必要はありません。

 

・自動車保険(クルマ)

・火災保険(家)

・共済

・クレジットカード

 

これらに上乗せして個人賠償責任保険に低コストで加入することもできますので、現状加入している保険をチェックしておきましょう!!

 

ファイナンシャルプランナー 柳川郁弥

FPやなちゃん1