不動産・マイホーム

Home / 相談事例 / 不動産・マイホーム

マイホーム・不動産に関する質問

購入時期

質問今は、金利が低く、住宅ローンも家賃も負担額が変わらないので、マイホームを買いたいなぁと思うのですが、今は買い時でしょうか。

回答おっしゃるとおり住宅ローンの金利は、歴史的な低さです。特に、「フラット35」に代表される長期固定の住宅ローンが%台などとは、この業界に長くいる私には信じられない状況です。

低金利以外にも、住宅関連税制が整っていて、住宅購入を取り巻く環境は整っていると言えます。ですが、買うのはあなた自身です。「金利が低い今のうちに」と気に入らない住宅や予算オーバーの住宅を購入してしまって、それであなたと家族は幸せでしょうか。

買い時はあなたが決める事。そしてその条件は2つです。①希望の場所にあるお気に入りの住宅と巡り会うこと、②将来にわたって家計に無理のない自分予算が成り立つこと。これらの条件が整えば、かなりの確度であなたの買い時だと言えます。

自分と家族の今と将来と向きあって、考えてみましょう。

【回答:大石】

購入・頭金

質問一戸建ての購入を考えています。出来る限り頭金を出し、住宅ローンの借入額を減らしたいと考えています。ですが、妻が、手元のお金が少なくなるのは不安だから出したくないといいます。どうすればいいですか。

回答なるほど、購入価格が確定している場合、頭金が多いほど借入額を少なくでき、総コストを低くすることができます。その一方で、奥様の言うとおり、手元のお金がなくなって不安になるようでは心の平和は望めません。

お勧めは、「いくら出すか」ではなく、「いくら残すか」と考える方法です。

奥様に、手元にいくらあると安心なのか、尋ねてみましょう。例えば、毎月の生活費が25万円であれば、3か月分で75万円、半年分で150万円です。万が一、給与が途絶えても3か月や半年の間は持ちこたえられる金額です。これは緊急予備資金を確保しておく、という考え方です。他にも、子どもの進学資金、車の買換え費用など、住宅購入後に発生するライフイベント費用を確保しておくと安心です。

【回答:大石】

購入・住宅ローン

質問住宅ローンで3500万円ほどを借入れて、住宅を購入する予定です。固定金利が安心なので、「フラット35」を考えています。返済期間を少しでも短くしたい、とも考えていますが、「フラット35」は、35年返済にしか対応していないのでしょうか。

回答高額資金を長期で借入れる場合に金利を固定することは、低金利の現状を踏まえたセオリーな方法と言えます。ご検討されている「フラット35」は、住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して供給する住宅ローンです。金利は金融機関によって異なりますが、借入期間の条件は共通です。

名前から「35年返済のみ」と勘違いするケースもありますが、返済期間は、15年以上で年単位の設定が可能です。なお、上限は「35年」または「80歳」-「申込時の年齢(1歳未満切り上げ)」のいずれか短い年数です。

20年以下の返済期間を設定する場合は、21年以上の場合よりも金利が低くなり、さらに総コストを抑えることができます。家計収支から無理のない返済額を導き、最適な返済期間を設定しましょう。

【回答:大石】

(参照URL)「フラット35>」の利用条件:http://www.flat35.com/loan/flat35/outline.html

 

 

 

 

Leave a Comment